不動産投資に伴うリスクとは?

意外なところに潜むリスク

不動産投資は物件を購入してからも様々な経費が掛かるということを考えておかなければなりません。
物件購入時の家の状態によっては修繕やリフォームが必要であったり、建物維持・管理費や、固定資産税などの税金といった諸経費が必要になります。
また、入居者が入らず家賃収入の入らない空室リスクや、家賃滞納のリスク、災害による建物倒壊リスクなど不動産投資に影響を与える様々な問題が存在します。

不動産は取り扱う金額が大きい分、リスク管理ができていなければ大きな損失を生むことになります。
しかし、市場が個人の意思とは関係なく変動する株や為替と違い、自身でこれらのリスクにきちんと対処し、物件の価値を上げることでリスクを避けることができ、さらには市場が値上がりした場合売却益を得ることもできます。
つまり、不動産投資ではいかにリスクの管理・対策を行っているかが成否を分けると言っても過言ではありません。

投資すべき物件の見極め方とリスクに備える

先ほど挙げたようなリスクを回避するためにも、まずは購入する物件をしっかりと選ばなければなりません。
投資用不動産を購入する際は賃貸需要のある好立地な場所と、建物の耐震性やメンテナンス状態がある程度保証されている物件を選びましょう。
木造アパートなどは新築マンションなどと比較するとかなり安く購入できますが、コンクリート造りのものと比較すると老朽化の早さが目立ちやすいため、ローン完済後に物件の建て替えや大規模なリフォームが必要になる可能性があります。

また、融資を利用する場合は金利についても考えておかなければなりません。
不動産投資は利用金額が大きいため、数パーセントの利上げでも返済金額には数十万円から数百万円の差が生まれます。
変動金利は固定金利よりも低く金利が設定されていますが、今後金利の引き上げが予想される場合は固定金利を利用する方が安心と言えるでしょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top