不動産価格の上昇・下降は何故おきる?

初めてでも分かる不動産投資の入門サイト

市場変動の仕組みと買い時

不動産投資は、入居者の見込めるアパートや一軒家、マンションの一室などを自己資金と銀行借入れ資金を元手に物件を購入し、月々の家賃収入を得たり、不動産価格の相場変動による差額を利用し、売却益を得て資産運用を行います。

不動産経営と聞くと、土地の所有者や会社経営者など、ある程度自己資金に余裕のある人でなければできないと思う方も多いでしょう。
ネットなどで手軽に始められる株式やFXなどの資産運用と比較して、不動産投資は多額の資金が必要であったり、取引金額の大きさからリスクが高そうというイメージがあり、資産運用としての認知度は低く、あまり知られていませんでした。
しかし、近年では政府の低金利政策の影響を受け、不動産融資が受けやすくなったことから、少額の資金から始めることができるようになり、サラリーマンや主婦など幅広い層の人たちが不動産投資を始めています。

不動産も市場で取引されるものであるため、私たちが普段購入する家電や食品のように需要と供給の状態、景気などの影響によって相場が変動します。
不動産投資には家賃収入で得る「インカムゲイン」と売買の差額で利益を得る「キャピタルゲイン」の2種類がありますが、どちらも不動産価格の変動に影響されます。
そのため、不動産投資において物件を購入、または売却をする場合には価格相場を知り、変動時期を見極めることが重要になります。
本サイトでは、不動産投資を始める前に知っておきたい不動産価格の仕組みやリスク、上手く活用すための方法など、不動産に関する基本的な情報をご紹介していきます。
不動産投資に興味がある、始めてみようと検討されている方は事前知識として参考にしてみて下さい。

不動産投資で始める資産運用

不動産価格の相場が変動するのには様々な要因が関わってきます。 不動産市場は株式市場や為替市場とは異なり、価格の急激な変動というのはあまり見られませんが、投資のタイミングによってはリスクを背負う可能性もあるため、投資を始める前に相場変動の特徴と仕組みを知り、投資のタイミングを確認しておきましょう。

不動産投資に伴うリスクとは?

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンとも言われています。 中長期的な投資としてすぐに大きなリスクを背負うという可能性は低いですが、不良物件や空室などのリスクを把握しておかなければ、大きな損失に繋がる可能性があります。 不動産の様々なリスクに対してどのように対策すべきかをご紹介していきます。

不動産投資の基本となる用語について知っておこう

不動産業界の中では、普段聞き慣れない専門用語などが多々用いられることがあります。 不動産投資の基礎知識は物件の売買や管理会社との交渉をスムーズに進めるだけでなく、不利な条件を提示する悪質な業者を見分けるポイントともなります。 不動産投資を始める前に必ず知っておきたい基本用語と情報をご紹介していきます。

Page
top